全国視覚障がい児(者)親の会近畿支部

E-mailアドレス  

shikaku.oyanokai.kinki@gmail.com

団体所在地:

  • 〒569-0083 大阪府高槻市
  • 電話:080-3832-6008 
  •  FAX:072-672-6089

E-mailアドレス  

shikaku.oyanokai.kinki@gmail.com

スポンサーリンク

近畿支部だより

第19号 2019年1月発行

近畿支部 正会員様・賛助会員、関係各位の皆様新年あけましておめでとうございます。

日頃より全国視覚障害児(者)親の会 近畿支部に、ご協力・ご支援を賜り誠にありがとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。  

さて、今年度は、11月25日(日)に『楽しく服を選んでみよう!何故、身だしなみが大切か?』をテーマに、保護者研修会を開催いたしました。


講師に全盲の常 瑠璃子さんをお迎えし、

視覚に障害のある子どもたちが、どのようにすればオシャレを楽しめるか、また、社会人としての身だしなみの大切さについて講演していただきました。


※講師 常 瑠璃子氏プロフィール  2歳半の時、麻疹が原因で失明。

大阪府立視覚特別支援学校中学部、公立高校、大学を卒業後、JICA(国際協力機構)勤務を経て、企業対象の研修、オンラインを活用した家庭教師など現在活躍中。

また、実際にショッピングモール内にある衣類販売店に出掛けて、お買物ワークショップを行いました。保護者の方には、お子さんとオシャレを楽しむ方法、お子さんには洋服選びのポイント等を学んでいただきました。きれいにディスプレイされたマネキンを囲んで、講師の常さんの説明を聞きながら、実際に洋服を触って、形や色の組み合わせをイメージして、試着もしながら自分に合う洋服を選びました。


日曜日の大変混雑した店内で、試着室やレジ精算は長蛇の列でしたが、ワークショップの時間を大幅に延長して参加者全員が自分で選んだ洋服をゲットすることができました。

最後に自分の選んできた洋服をみんなに披露してもらい、感想を述べ合いました。

みなさん嬉しそうな表情で、とても賑やかに盛り上がりました。 

ご参加くださったみなさま、本当にありがとうございました。

近畿支部では、“つながりの輪”が拡がる活動を今後も行っていきたいと思います。

参加者アンケートの一部より

1、本日の保護者研修の講師のお話はいかがでしたか?

(子ども)よかったです。勉強になりました。  

(子ども)自分のこととあわせて聞くことができました (子ども)楽しかった。  

(保護者)お金の話も参考になりました。  

(保護者)とても為になるお話でした。母としてドキッとすることも 多かったですが、なるほどと納得できるお話でした。 ありがとうございました。  

(保護者)洋服や身だしなみによって、声をかけられる人数が違うと 聞いて、気を付けることは大切だと思いました。  

(保護者)楽しく、お話を聞いていても分かりやすく、勉強になりました。  

(保護者)あまり着るもののことを考えたことがなく、 今日は身だしなみについて考えることができました。  

2、お買物ワークショップはいかがでしたか?  

(子ども)楽しかったです。

 (子ども)マネキンを触って触れたらいつもより楽しかったです。  

(子ども)よかった。服を選ぶのが楽しかった。  

(子ども)おもしろかった。  

(保護者)人混みに酔いました。忙しかった。  

(保護者)子どもたちがとても楽しそうでした。  

(保護者)他の人たちと話して買い物ができて、よかったです。  

(保護者)いつも嫌がるが、自分からマネキンに触れて、 選び方も勉強になりました。  

(保護者)今日は子どもが居なかったのですが、次一緒に行くときは 触らせて選ぼうと思いました。

スポンサーリンク

Powered by Wepage Site