Member

団員No.1|美女丸

主宰 / 脚本 / 演出

大学入学とろもに劇団二色へ入団、初めて演劇にちゃんと触れる。約三年半の間在籍し、以降独立、ソキュウを旗揚げ。

脚本・演出を担い出場した京都学生演劇祭2015、2016において、観客点最下位に2年連続で輝き、「いま京都で最も面白くない学生演劇人」の称号を2年間欲しいままにする。

その後、建前上は自己研鑽を重ねていたとする1年を経て発表した作品『いず子』がおおむね好評を博す。

よく間違えられるが、もう学生ではない。

好きな言葉は「出藍の誉れ」「毒を食らわば皿まで」。

【外部活動履歴】

(手元に資料がないため後日追記)


団員No.2|羊毛

照明

大学入学を機に照明に触れる。軽音、イベントなどの裏方を経て大学3回で劇団二色入団。演劇照明を本格的に始める。

ソキュウ立ち上げ時に美女丸に誘われ参加。そのまま入団を決める。

大学卒業後、1年程舞台照明を勉強して今に至る。

照明以外も色々やる。できないけどやらされるから早くスタッフ仲間が欲しい。

好きなゼラはB2 or B3。


団員No.3|天知ひまり

宣伝美術 / Web / 広報

中学から友人に誘われ演劇を始める。きっかけはなんとなく。そのままずるずると大学まで演劇を続けてしまった。大学1回生の冬に劇団月光斜に入団。そこで宣伝美術の仕事になる。月光斜では、宣伝美術・Web・演出補助・演出の仕事と役者をしていた。本人が嫌になるほどヒロインを務めた。ビラ表も嫌になるほど務めた。

ソキュウへは『いず子』を機に入団を誘われる。就職のため厳しいと言ったが、やたら誘われなんとなく入団を決めてしまう。

人生のほとんどをなんとなく生きている。2019年4月より東京へ旅立つ。

趣味はビラを集めること。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

Powered by Wepage Site