2019 トーナメント

第46回 シングルスクラブ選手権5月12日・19日
第47回親善ミックス団体戦9月8日
第46回 ダブルス
クラブ選手権
10月13日・20日
第42回  ミックスダブルス選手権11月10日・17日
第31回 親善ダブルストーナメント2020年
3月8日

レッスン会

安宅プロ「テニスレッスン会」

毎月一回予定、土日を中心に開催

参加費用 1回2、160円

レッスン1時間30分

1回目9:00〜2回目10:30〜

受付開始 前月15日〜

フレンドリーレッスン

参加費用 2160円

1時間レッスン、1時間ゲーム

定員12名

月曜日 9:30〜 今鷹コーチ

水曜日 13:00〜 小黒コーチ

木曜日 9:30〜 今鷹コーチ

いよいよ「ナイターの季節」ですね

レンタルもやってます。

(詳しくはフロントへ)

ここに文章を入力してください

スポンサーリンク

委員会からのお知らせ

2019運営委員会メンバー

2018運営委員会メンバー

2017運営委員会メンバー

平成28年度 運営委員会決算報告

(自平成28年4月1日 至平成29年3月31日)

[収入の部]1 前年度繰越金             ¥321,604

      2 運営会費              ¥118,300 (239人分ー1200円)

      3 クリスマスパーティー券販売     ¥612,000 

      4 懇親会残金(前年度分)        ¥10,109

      5 テニスボール販売            ¥7,952 (16缶クリスマスパーティー)

      6 ケヤキ食事券未使用分返金         ¥500 (前年度景品)

      7 利息                    ¥3

        合計               ¥1,070,468 

[支出の部]1 運営委員会ニュース作成費、印刷費用  ¥44,264

      2 運営委員会運営費            ¥3,320

      3 文具                   ¥551

      4 カメラ用SDカード           ¥14,035

      5 銀行手数料                ¥108

      6 クリスマスパーティー費用       ¥624,974

        合計                 ¥687,252

      次回繰越金                ¥383,216

                                 2017年4月1日

      以上の通り平成28年度の収支を報告いたします       会計 西田宣子

      以上の報告について収支共に正確であることを認めます   監査 天野太球磨 

運営委員会「内と外への役割」

29期運営委員会委員長宮園篤雄です。よろしくお願いいたします。

まず申し上げたいのは、高井戸ダイヤモンドテニスクラブは、テニスが好きな方にはかけがえのない大切な場所だという事です。

その大切な場所を、これからも発展的させ、かけがえのない場所にしていくのが、この運営委員会だと思っています。

運営委員会は、内と外へ向けて二つの役割があります。

内へ。

クラブライフを明るく楽しく送るための「コミュニケーター」としての役割です。

運営委員会は、競技・クラブライフ・広報の三つの小委員会。そして、書記・会計・監査で構成されています。

競技委員は、年間を通してクラブ内トーナメントをクラブと一緒に運営し、競技向上に貢献。クラブライフ委員は、クリスマスパーティの主催、そして日頃のクラブ会員の交流に、欠かせない存在として活躍。広報委員は、運営委員会ニュースの発行、運営委員会Webサイトの運営に邁進。それぞれが重要な役割を担い、それらの活動を書記・会計・監査が支えて運営しています。

外へ。

情報の発信は、大切なことだと考えています。

テニスクラブと聞くと、「敷居が高い」「コミュニケーションが難しそう」などと思われがちです。高井戸ダイヤモンドテニスクラブは、そんなことがありません。品位を保ちながら、テニスを楽しめる明るいクラブです。「テニス・命」の人から「お酒・命」の人まで、全員がテニスを謳歌しておられます。このことは外へ発信したい大切な情報のひとつです。

そのために、広報委員は去年、二人体制から四人体制へ拡充しました。本年度は、さらに五人体制へ拡げます。広報委員からの情報発信が、まだお会いしていないテニス好きな方々の目に止まり、高井戸ダイヤモンドテニスクラブを訪れてもらえる。そんな交流が始まれば、高井戸はより盛り上がります。

 運営委員会は、クラブ側と連携をしながら、会員のテニスライフをよりサポートしていける組織として活動していきます。

会員のみなさま。これからも、運営委員会をどうぞよろしくお願いいたします。

2016運営委員会メンバー

運営委員会・新旧引継ぎ懇親会

 2016年3月26日の土曜日の夕方。4月以降も留任する委員、そして退任する委員、4月から新たに委員になる会員との懇親会が催されました。運営委員会の半数が任期2年間を終えて退任し新しい顔ぶれとなります。2015年度の委員会の活動は様々な課題に取り組んでの奥深いものでした。退任なさる委員の皆様、2年間お疲れ様でした。また、新たに委員になられる皆様、4月以降1年間よろしくお願いします。

 尚、2016年度の運営委員の名前と顔写真を載せた委員一覧をクラブハウス一階廊下の掲示板に張り出しております。日頃のクラブライフでお困りのことや、ご心配事項、その他ご提案事項は掲示されている「クラブライフ委員」へ遠慮なくお声がけ下さい。

大会の雨天順延とトーナメント規約の改定について

      昨年のミックスダブルス・クラブ選手権の雨天に依る二週順延に関して、何名かの会員の方より疑義のご意見を頂きました。
 大会本部 (クラブ側・運営委員会側共)としては、クラブトーナメント(親善ミックス、親善ダブルスを除く)はクラブ創立以来の歴史もあり、その年度のクラブチャンピオンを決める重要なトーナメントと位置付けています。 その為、今後も余程の事情が無い限り完全実施をと考えています。今般、さらなる大会運営の充実と大会に対する会員皆様のご協力・ご理解を賜わりたく、トーナメント規約を下記のように改正致しました。

 ●・トーナメント規約の改訂ポイント

①・「予備日の記載」について
   今後は「雨天順延の予備日」を記載せず完遂させる。
②・「シードの設定」について、
   当クラブ内・同クラス内での実績のみを考課対象とする。→ トーナメント規約の「4―-②」を削除する。
③・「組み換え」について
   ドロー表発表後のパートナー変更は不可とする。→ トーナメント規約の「5-②」は削除、「5-③」は変更する。    

この度の「会費値上げ」につきまして~運営委員会の取り組み

      会員のみなさまへ
今回の値上げに付いて、運営委員会としてご報告申し上げます。


1.経緯
1月16日 臨時運営委員会が開かれ、「月会費の値上げと改定」についての説明を受けました。
2月 7日 運営委員会で、各委員に会員のみなさまの意見を持ち寄って貰い、それに基づいて「会員の意見」「質問状」として提出をしました。
2月14・19・21日 説明会が開催されました。(出席者:第一回20名、第二回11名、第三回35名)
2月24日 運営委員会から「要望書」を提出しました。
2月28日 第四回説明会で、クラブから「要望書」への回答を受けました。


2.要望書の概要
①月会費の値上げを抑える ②施設利用料の撤廃 ③会費引き落としを3か月単位から1カ月単位に ④値上げ実施時期の先延ばし ⑤運営委員会の中に会員を増やす為の専門部会を作る ⑥佐藤社長の発言にあった、できる事とできない事、への明確な返答の6項目です。


3.回答の概要
①月会費2,500円の減額はしない。2016年4月より値上げ実施。月払いの変更に付いては会員の意見を集約し2016年度中に実施の可否を検討
②施設利用料は一律50円下げる。撤廃の方向に向けて努力する。
③駐車場料金は検討課題とし具体的な提案が出来るようになり次第改めて案内をする。という結果となりました。


3.今後
 会員のみなさまには、上記の結果にご不満はあると思いますが、結果については会員各位のご判断に委ねるしかないことを、ご容赦頂きたいと思います。

 「今回の値上げ」の問題の本質は会員数の減少にあります。そして、今回の値上げは一過性のものであり、現状の採算を一時的に回避することでしかないと思います。現在の有効会員数は460名。会員の年齢構成は、50歳代81人(16.3%)60歳代201人(40.5%)70歳代169人(34.1%)80歳代29人(6%)です。これを考えると5年先・10年先に向け、すぐにでも手を打つ必要があります。
 クラブだけに任せるのではなく、会員も一緒になってアイデアを出し、クラブに実施をお願いしていく必要があると考えます。
そこで、運営委員会を中心として「会員純増」のためのプロジェクトを作り、クラブと一体になって取り組んでいきたいと考えています。
「会員純増」のためのプロジェクトに、会員の皆さまもアイデアをお出しいただき、より良いクラブライフを継続するために、ご協力いただけますようお願いいたします。

高井戸ダイヤモンド・テニスクラブ運営委員会
     

スポンサーリンク

Powered by Wepage Site