~登場人物~

犬塚 信乃


「孝」の犬士である

本作の主人公。

小さい頃から

武術修行をしていた為、

剣の腕前は一流。

実は女だが、幼少の頃から

男として育てられた。

犬川 荘助

信乃の幼馴染であり

「義」の犬士。

槍を得意とする。

信乃と行動を共にするが、

信乃が女である事には無自覚。

虚無僧


信乃たちに協力する謎の僧。


何か秘密を抱えているようだが、

多くは語ろうとはしない、、、。

船虫


妖鬼・玉梓の側近。


様々な工作活動で、

犬士たちの前に立ちはだかり、

行手を阻む。

里見義実


安房里見家初代当主。伏姫の父。

そもそもの発端を起こした人物。

安房滝田城攻略の際に一度は玉梓を許すも、

その言葉を覆し、処刑した。


伏姫


里見義実の娘。八犬士の「象徴」としての母。

玉梓の呪いを受けた飼犬、八房にさらわれるが、

伏姫を取り戻しに来た義実と金碗大輔の目の前で、

自らの意思で自害してしまう。

その際に自らの意思を込めた八つの石を飛散させ、

死後、「伏姫神」として、物語に関わる。

玉梓


安房滝田城城主・神余光弘の愛妾。

滝田城落城の際に里見義実に助けを乞い、

一旦は受け入れられるも、金碗八郎の進言を受けた

義実の手により、処刑される。

その恨みから妖鬼となり、里見家への復讐、

ひいては、世の征服を企む。

金碗大輔


里見義実の重臣、金碗八郎の息子。

伏姫とは許嫁の関係。

八房にさらわれた伏姫を義実と共に

奪回しに行くが、結果的に伏姫を死なせてしまう。

その後は、金碗の名を捨て、「丶大」と名乗り、

伏姫の意思を継いだ八犬士達を間接的に見守る。

草太


信乃と荘助が立ち寄った村に住む子供。

妖怪騒ぎを解決しようと出て行った父親を心配し、

禁じられている迷いの森に向かってしまう。

今回の物語のキーパーソン。


スポンサーリンク

Powered by Wepage Site