“企業分析を通して、ビジネスパーソン及び企業の価値向上に貢献します”


最も著名な兵法書である『孫子』に

「彼を知り己を知れば百戦して殆うからず」とあります。


敵と味方の実情を熟知していれば、百回戦っても負けることはないという意味ですが、

現代社会で生き抜く上でも、競合他社、自社に加えて顧客に対する理解が不可欠であることに

異論はないでしょう。


本サイトやメールマガジンなどをとおして、ビジネスパーソンにとって重要となる『企業分析能力』

磨くお手伝いやクライアント企業の課題解決のお手伝いができればと思っています。


企業分析のための3つの心得

戦略

そもそも戦略とは何でしょう?

簡単に言うと「どこで誰と、何を強みにして、誰をターゲットに戦うのか

という方向性、考え方です。

→もっと見る

戦術

戦略を作っただけでは机上の空論になってしまいます。したがいまして、戦略をどう実行するのか、どうやるのかというやり方が重要になってきます。

そして、戦略を実行ベースであるやり方に落とし込んだものが戦術です。

→もっと見る

整合性(戦略⇔戦術)

戦略と戦術の関係を整理してみましょう。

戦略を実行ベースに落とし込んだものが戦術といいましたが、つまり戦術は戦略に従う関係です。


→もっと見る

コラム

企業分析とは?

まず、企業分析とは何か?

企業分析と聞いてどんなイメージを持ってますか?

一般的に企業分析とは「企業を取り巻く、外部環境と内部環境を把握し、 当該企業の儲けの仕組みや課題を知ること」と定義されています。 続きはこちら

メディア掲載実績

お知らせ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Powered by Wepage Site